女性

会計事務所への採用を目指すなら|求人内容をしっかりチェック

  1. ホーム
  2. 建築士の就業状況

建築士の就業状況

模型と図面

建築士の就業・給与

将来建築士になることを夢見て現在勉強中という学生もたくさんいます。建築士には3種類の資格があり、難易度の高い順に、一級建築士、二級建築士、木造建築士となります。難易度の高い資格を取得している人ほど、取り扱うことのできる建造物の幅が広くなります。建築士の就業先は多岐に渡ります。実際に建築士の求人を出している企業として、まず建設会社やハウスメーカー、建築設計事務所など建築関係の業種が挙げられます。建築設計事務所へ就職する人には、将来独立して自分の事務所を開くことを目指している人もいます。また、一級建築士は建築系の企業のみならず、インテリアデザイン事務所や家具メーカーからの求人も多くあります。この他、自治体の都市開発や建築部門から求人が出されていることもありますが、こちらの求人に応募する際は公務員試験を受けることも必要となります。気になる一級建築士の給与についてですが、国家資格を取得した人だけが就くことができる職業ということで、やはり収入額も概ね高めになっています。平均金額は月収40万円台、年収500万円台後半から600万円台半ばくらいです。ただし就職先企業の規模によって実際の給与額は大きく変わってきます。大手企業の場合は年収500万円台から900万円台、中小企業なら400万円台から600万円台が多くなります。一級建築士に求められるスキルは、建築・設計に関する知識や実務経験のほか、パソコンスキルやコミュニケーション能力などが挙げられます。また、クリエイティブな職のため、新しいデザインを生み出すために興味・関心を持ち続け、常に向上心を持って仕事に取り組む姿勢が重要になります。